メンバー紹介

小門 将春 MASAHARU KOKADO ディレクター
2016年入社

ギミックに入社を決めた理由を教えてください。

メディアに興味を持ったことと「ヒト」に惹かれたからです。漠然と人の役に立てることをしたいと考えて就活をしていたところ、「ドクターズ・ファイル」に出会い、クリニックを選ぶという概念に衝撃を受け、良いメディアだと思いました。
また、選考を通じて自分自身をきちんと見てもらえている気がしたこと、お会いする先輩社員や人事の方が生き生きと働いている姿を目の当たりにし、こういう職場で働きたいと思いました。

現在の仕事内容は?

企画営業です。クリニックに出向き、取材を行い、先生の根底にある想いを聴き出して記事という形にします。そして必要としているユーザーに情報を開示する意義や意味を先生方と共有し、メディアという観点から医療サービスの向上のお手伝いをしています。また、先生のことを誰よりも考え、先生のニーズや展望のためお手伝いできることはないかを日々妄想しています。

これまでのギミックの仕事で忘れられない思い出を教えてください。

四半期ごとの表彰で、最優秀賞であるMVPを受賞したこと。営業を始めたばかりの頃はなかなかうまくいかなかったときもありましたが、同期や先輩のサポートもあり、ステキな賞を頂くことができました。また、その時期に先生から言われた「小門さんなら任せられる」「よろしくね」という言葉は、今でも非常にうれしい思い出です。

ギミックの良いところは?

自分次第で活躍ができる環境があるところ。また、一人ひとりが自分の仕事、自社メディアに誇りを持って働いているところ。面倒見のいい先輩が多く、悩みや不安が払拭できるまで相談に付き合ってくれるところ。多くの先輩の力を借りて、成長できるところだと思います。誇りを持っている人が多いので、会社として、メディアとしてどんどん成長していることを実感します。

ギミックの悪いところは?

まだまだ発展途中のため、一人ひとりの裁量が大きいというところ。ただ、裏返すと非常にやりがいや責任感を持って仕事ができるので、圧倒的に成長できる環境だということでもあると思います。任せられたこと、期待に応えられた時の達成感は仕事の醍醐味ですね。

これからギミックをどんな会社にしていきたいですか?

「クリニック探しは『ドクターズ・ファイル』」が、当たり前の世界にしていきたいですね。会社としてもプロモーションに力を入れていますし、私自身日々出会う先生方にしっかりと価値を伝え、一人でも多くのドクターに「ドクターズ・ファイルってイイネ!」と思ってもらえるよう広げていきたいですね。

最後に就職活動中の皆さんへメッセージをおねがいします。

私自身、就活中は「何をやりたい」ということが明確にありませんでしたが、たくさんの会社を見ていくことで、「自分自身をしっかりと見てくれる会社」「自分のことを『イイネ!』と言ってくれる会社」に出会えました。就職はゴールではなく、新しい始まりですので、皆さんも妥協せずに自分が働きたい! と思える会社を探し求めてください。

一覧に戻る