メンバー紹介

梅林 千花 CHIHANA UMEBAYASHI アシスタントディレクター
2016年入社

ギミックに入社を決めた理由を教えてください。

「ドクターと患者の心の懸け橋になる」という事業理念に共感し、また今後さらに多くの人に必要とされるメディアになると感じたため。また、女性社員がおのおの自分らしい働き方をしている、と知ることができた点も大きな決め手となりました。

現在の仕事内容は?

手紙・電話・メール・面会等と様々な手段で先生にアプローチし、取材のご承諾をいただき、担当ディレクターに引き継ぐまでを主な業務としています。大切にしているのは、先生だからこそ取材したい、先生のこういうお話を伺いたい、という自分の想いを伝えること。先生にも「取材を受けて良かった」と思っていただけるよう、会社の窓口として、ディレクターへの密な情報共有も重視しています。

これまでのギミックの仕事で忘れられない思い出を教えてください。

アシスタントディレクター部門の最優秀成績賞であるMVPを頂けたことです。チームメンバーをはじめとして多くの人が応援してくださり、最後まで諦めず努力することができました。
また、自分が幼少期にかかりつけ医としていた先生のところに取材依頼に行き、ご承諾いただけたことも大切な思い出です。取材にも同行したのですが、当時は決して知り得なかった先生の地域医療への想いなどにふれることができ、胸がいっぱいになりました。医療と人をつなぐ仕事に携わっていることを強く感じた瞬間です。

ギミックの良いところは?

仕事に対する情熱を持ち、それでいて優しい人ばかりだなと、日々本当にそう思っています。困っている人がいれば手を差し伸べて、迷っている人がいれば皆で考え、成功した人がいれば心から祝福する。そうした場面を目にすることが多いですし、ギミックの良いところだと感じます。自分もそういうメンバーでありたいですね。

ギミックの悪いところは?

仕事上の細かいルール等において、明確になっていない点があると感じます。たくさんの社員が力を合わせて一つのメディアを作り上げていているため、悪いところというより、さらに改善の余地があるのかなと思う部分ですね。

これからギミックをどんな会社にしていきたいですか?

もっともっと「ドクターズ・ファイル」、「頼れるドクター」の認知度を高め、全国の患者さんと先生の手助けができる会社にしたいです。私も、多くの素晴らしい先生に取材を受けていただけるよう、今後もお一人お一人にまっすぐ自分の気持ちをお伝えしたいと思っています。

最後に就職活動中の皆さんへメッセージをおねがいします。

初めての経験には苦労や悩みがつきものですよね。でもきっとこの就職活動期間を頑張った先に、皆さんが巡り合うべき会社があると思います。人であったり、事業内容であったり、理由はどうあれ皆さん自身が「ここで働きたい」と思える会社を見つけられることを、心から祈っています!

一覧に戻る