メンバー紹介

白市 恭子 KYOKO SHIRAICHI ディレクター
2014年入社

ギミックに入社を決めた理由を教えてください。

「本」に携わる仕事がしたいと思っていたことと、ギミックで働く「人」に惹かれたことで入社を決めました。出版業界を見ていると、出版不況の暗い話も多いのですが、ギミックは説明会でどんどん成長している明るい話が聞けたのが印象的でした。また、実際に、結婚・出産をしても働いている女性社員さんや生き生きと仕事の話をする社員さんの姿を見て、私もここで一緒に働きたい、皆さんの役に立ちたいと思いました。

現在の仕事内容は?

医療情報マガジン「頼れるドクター」の営業です。一度「ドクターズ・ファイル」や「頼れるドクター」にご登場いただいている先生方から再度状況をうかがって、新しい提案やフォローを行っています。たくさんの先生にお会いするのですが、いただいたご意見を次の企画に生かしたり、「ドクターズ・ファイル」や「頼れるドクター」の活用法を私が教えてもらって社内で共有したりと、患者・先生・編集部をつなぐ存在になれるよう、日々業務に向き合っています。

これまでのギミックの仕事で忘れられない思い出を教えてください。

「私はこのグループで最優秀グループ賞であるMVGを獲る!」と当時の上長やメンバーの前で宣言して、本当にMVGを受賞したことです。みんな「いいね! 獲ろう」と賛同してくれたのですが、宣言した以上、私がいちばん行動しないといけないと思ってがむしゃらに動きました。みんなで一つの目標に向かって、声をかけあいながら仕事をした時間は、今の私の糧になっています。

ギミックの良いところは?

部署や立場関係なく、自分の行動次第で、新しい企画や業務フローをつくりだせるところ。「私はこうしたい」という意見を出すと、「いいね! それ形にしてみたら?」「まずはこうしてみたら?」と背中を押してくれたり、アドバイスをくれる人がたくさんいます。私自身、先輩・同期・後輩からたくさんの刺激をもらっています。

ギミックの悪いところは?

規則や業務フローなど、まだまだ改善途中であるところ。改善途中であるがゆえに、曖昧になっている部分も…。先生・患者さん双方にとってより良い形を、と考えれば考えるほど改善点は生まれてくるものですが、今後もトライ&エラーで最善の方法を探っていかなければと思っています。

これからギミックをどんな会社にしていきたいですか?

多くの人に「自分もギミックで働きたい!」と思ってもらえるような会社。そのためには「ドクターズ・ファイル」「頼れるドクター」の媒体成長はもちろん、私たち社員も成長していかなければいけないと思います。

最後に就職活動中の皆さんへメッセージをおねがいします。

就職活動は社会や自分を知る絶好の機会だと思います。いろんな業種や企業、仕事にふれて、どんな社会人になりたいのか? 自分は何に興味があるのか? どういう働き方がしたいのか? など、いろいろ模索してみてください。落ち込んだり嫌になることもあると思いますが、たくさん考えて、悩んで、「楽しく働く自分の姿」が想像できる場所が見つかるよう、応援しています。

一覧に戻る