働く環境

エントランス

エントランス

次世代の医療を担うギミックへの入り口。
自社マガジン「頼れるドクター」が並ぶ。

コーポレートカラーは「赤」

コーポレートカラーは「赤」

ギミックを訪れたヒトは必ずと言っていいほど、至る所に赤が使われていることに驚く。
壁、椅子、キャビネットなど多くのモノに赤が用いられている。
なぜ、赤がコーポレートカラーなのか。それはギミックの謎の一つとされている。

ボード

ボード

ギミックには「ボード」という文化がある。赤い壁にはいくつものボードが貼られているが、このボードによってあらゆる業務工程が管理されている。受注状況、原稿入稿状況からキャンペーンの達成状況、そして帰社状況まで、ボード1枚で完結している。

会議室

会議室

「書いて消せる壁」を使用。
ミーティング中、おのおのが思っていることを書き出し、白熱した議論が繰り広げられる。

休憩スペース

休憩スペース

お昼や小休憩など自由に利用できるスペース。フリードリンクのコーヒー片手に、社内に設置されているお菓子ボックスを利用して、気の合う仲間たちと談笑するのもあり。

特徴的な人事制度

あの人休暇・この人休暇

通称「あの休」「この休」。正社員、契約社員に与えられる特別休暇制度。4月から9月までに1日「あの人のために休みたい」、10月から3月までに1日「この人のために休みたい」という休暇を取ることができる。「あの人」「この人」が誰なのか、という申請をする必要はないのでご安心を。

キャスト・オフ

社員が2年に1度、連続5日間の平日休みを取ることができる特別休暇制度。前後土日をつなげれば最大9日間の休暇が取得可能。Cast offとは「脱皮する」という意味で、2年間働いたらたっぷり休暇を取って、新たなステージへと脱皮する機会にしてほしいという意味から名づけられている。

フレックスタイム制

1ヵ月以内の総労働時間が決まっており、
その中で社員が1日ごとの労働時間の長さを自分で決めることで、よりフレキシブルに伸び伸びと働けることをめざした制度。
コアタイムは9時から14時と定められているが、「この日は予定があるから早く帰ろう!」など、活用次第でプライベートも充実。
仕事とプライベート、どちらも本気で楽しむのがギミック流。

時短勤務制度

小学校6年生に満たない子どもを養育する社員、または要介護状態にある家族を介護する社員が勤務時間を1~2時間短縮することができる制度。
子育てや介護をしている社員が無理をせず、自分らしく働ける働き方を応援している。
実際に多くの社員が、時短勤務制度を使いながら活躍中。

福利厚生

交通費全額支給、各種社会保険完備

入社支度金制度

新卒社員を対象とし、新生活を応援する制度。

通期優秀ディレクター遊学制度

通期の成果を評価し、優秀ディレクターに連続した5日間の遊学のチャンスを与える制度。
「旅費、宿泊費、おこづかい」は会社負担。

インフルエンザ撃退制度

予防接種費用が会社負担となる制度。

その他

業務で用いる携帯電話(iPhone)、Surfaceなどの貸与あり。
フリードリンクディスペンサー設置。温かいコーヒーと紅茶が飲み放題。

社外で行うミーティング

キックオフミーティング

ギミックの事業は常に1年を四半期に分けた「クォーター」単位で区切られている。
4~6月が第1クォーター、7~9月が第2クォーターという具合に。
このクォーターの最初の土曜日にはキックオフミーティング が社外で行われ、前クォーターの成績表彰が行われる。
業績の優れたヒトは、上司からの激励メッセージつきの表彰状の他、インセンティブなどが授与される。