メンバー紹介

小門 将春 MASAHARU KOKADO 総合病院企画事業部
総合病院企画部
ディレクター
2016年入社

1.ギミックに入社を決めた理由を教えてください。

メディアに興味を持ったことと「ヒト」に惹かれたからです。漠然と人の役に立てることをしたいと考えて就活をしていたところ、「ドクターズ・ファイル」に出会い、クリニックを選ぶという概念に衝撃を受け、良いメディアだと思いました。
また、選考を通じて自分自身をきちんと見てもらえている気がしたこと、お会いする先輩社員や人事の方が生き生きと働いている姿を目の当たりにし、こういう職場で働きたいと思いました。

2.現在の仕事内容は?

企画営業です。2年間、新規営業部でクリニック向け新規営業の仕事を経験し、入社3年目から総合病院企画部にて総合病院や大学病院向けの企画営業を行っています。
クリニック営業では院長個人の課題解決のサポートを、病院への営業では、組織の抱える課題に対して、幅広い商品力で企画提案を行っています。その組織が「何に一番困っているのか」というスタンスからさまざまなサポートをさせていただけることは、非常にやりがいがあります。

3.これまでのギミックの仕事で忘れられない思い出を教えてください。

四半期ごとの表彰で、最優秀賞であるMVPを受賞したこと。
また、総合病院企画部にて1人で何百万もの企画を即決でお申込みいただいたことは忘れられない経験です。申込締切まで時間がない中で、懸命に企画を練り決済権を持つ院長・事務長2人にプレゼンし、その場で即決。「すてきな提案をありがとう。ぜひよろしくお願い致します」という言葉を頂けたことは営業として忘れられない商談になりました。

4.この仕事のやりがいを教えてください。

お客様の課題解決のサポートのために企画を練り、実現できること。
総合病院企画部では、「お客様は何に一番困っているのか」というスタンスから「ホスピタルズ・ファイル」「頼れるドクター」をはじめとし、「パンフレット」「病院案内」「ホームページ」「採用ツール」「PR動画」など幅の広い商品でお客様のサポートができます。また、風通しの良い会社なので、お客様の声から新しい商品を企画し提案を行うことができることもおもしろいですね。

5.この仕事の大変な部分はなんですか?

担当しているお客様は、それぞれ異なる課題や悩みを抱えています。そのため、型やパターンにはめて考えるのではなく、お客様ごとにそれぞれ最適な提案を考え続けること。また、伝えるだけでは企画は実現できず、どうすれば伝わるのか、共感してくれるのかを考えること。どちらも答えがないため、非常に難しいのですが、企画を練り、信頼を得てお客様に認めていただけたときは営業マンとしてやりがいを感じます。

6.仕事を通じてどのような成長がありましたか?

新規営業部から総合病院企画部へ異動し、大きくミッションが変わる中で早期に適応できるだけの社会人の基礎、営業の基盤ができたこと。もちろん、周りのサポートがあってこそですが、2年間の新規営業を通して自分が成長していたのだなと異動して改めて実感しました。総合病院企画部は営業の幅が広いので、お客様のニーズによりそうことを忘れずに貪欲に圧倒的に成長し続けていきたいと思います。

7.職場の雰囲気を教えてください。

それぞれ下の名前やあだ名、ニックネームで呼び合っていたりするほど良い意味でフラットな関係です。
また、営業はもちろん、制作、編集、取材管理、品質管理など社員全員が自社メディアに自信と誇りをもって働いていて、部署の垣根を越えてさまざまな考え方や価値観にふれることは良い刺激になっています。

8.今後の抱負を教えてください。

総合病院企画部で、圧倒的に信頼される営業マンになります。
お客様に向き合うことを忘れずに、「小門さんに任せる」と言ってもらえるお客様を増やしていきたいです。
ゆくゆくはマネジメント業務にも携わり、商品・サービスをどんどん進化・成長させていき、今以上に自慢できる会社にしていきたいです。この会社で働きたい、この人と働きたいと思ってもらえるよう成長していきます。

一覧に戻る