メンバー紹介

都竹 翔多 SHOTA TSUZUKU 東日本事業部 営業推進部
ディレクター
2017年入社

1.ギミックに入社を決めた理由を教えてください。

就職活動中に出会った企業の中で一番惹かれた事業内容だったからです。説明会や選考を通じてお会いした皆さんから自信と誇りを感じて、自分もそんなふうにカッコよく働きたいと思いました。また、身内に医療従事者が多いので、医療の分野に貢献できる点もいいなと思い入社を決めました。

2.現在の仕事内容は?

営業ディレクターとして、ドクターへの新たな企画のご提案を行っています。ドクターが患者さんに伝えたいけれど伝わらない想いを聞き出し、どんな記事を届ける必要があるのか、患者代表の目線も大切にしながらご提案しています。大変な部分もありますが、その分「利用するよ」と言っていただいた時のうれしさも大きく、達成感があります。

3.これまでのギミックの仕事で忘れられない思い出を教えてください。

初受注した時のことです。同期たちが次々と受注していく中、うまくいかないことばかりの毎日だったので、周りの先輩方も心配してくださっているのを感じていましたし、ふがいない思いばかりしていました。受注して上司や同じ部署の人たちに報告をしたら、自分以上に喜んでくれて、他部署の人たちまで「おめでとう!」と言いに来てくれたのがうれしかったことを覚えています。

4.この仕事のやりがいを教えてください。

お会いするすべてのドクターに、それぞれの想いや感じている課題などがあり、それに沿った企画を1件1件考えてご提案できることです。決まった商品を売るわけではない難しさもありますが、目の前のドクターがどんな情報を発信する必要があるのかを想定し、聞き出し、自信をもって企画をご提案できる楽しさに魅力を感じます。

5.この仕事の大変な部分はなんですか?

会社の成長スピードが速く、新しい事業内容や任せてもらえる仕事がどんどん増えていくので、それ以上のスピードで自分も成長していかなければいけないと感じます。スピード感があることが楽しいと感じる反面で、大変と思うこともあります。

6.仕事を通じてどのような成長がありましたか?

営業現場で圧倒的に話せるようになりました。最初の頃はドクターと会話にもならず、たった数分でアポイントが終わってしまうことが多かったです(笑)。現在はドクターが話す一言一言に対して疑問が生じたり、提案がひらめいたりするようになりました。伝えたかった本質を理解し、そこに対して「ドクターズ・ファイル」で提供できる価値を伝えられるようになったからこそ、ドクターも興味を持って聞いてくださり、たくさん話してくださるようになったのかなと感じます。

7.どんな人と一緒に働きたいですか?

「ドクターズ・ファイル」が大好きで、自信と誇りをもって働ける方と仕事ができたらいいなと思います。ドクターにとっても患者さんにとっても必ず必要なメディアだと思うので、つらいことや厳しいことも乗り越えて、一緒に「ドクターズ・ファイル」を全国どこに行っても当たり前のメディアにしていきたいと思います。

8.今後の抱負を教えてください。

とにかく結果にこだわり、自分の目標を毎月達成するのは当たり前。それよりもメンバーを達成させたり、一緒になって考えたり、周りも見れる「営業マン」になります。事業拡大していく中での重要なポジションをどんどん任せてもらえるようになりたいです。

一覧に戻る