メンバー紹介

白市 恭子 KYOKO SHIRAICHI 関西事業部 関西支社
ディレクター マネジャー
2014年入社

1.ギミックに入社を決めた理由を教えてください。

「本」に携わる仕事がしたいと思っていたことと、ギミックで働く「人」に惹かれたことで入社を決めました。出版業界を見ていると、出版不況の暗い話も多いのですが、ギミックは説明会でどんどん成長している明るい話が聞けたのが印象的でした。また実際に、結婚・出産をしても働いている女性社員や生き生きと仕事の話をする社員の姿を見て、私もここで一緒に働きたい、皆さんの役に立ちたいと思いました。

2.現在の仕事内容は?

大阪をはじめ関西エリアの先生方に「ドクターズ・ファイル」「頼れるドクター」の営業をしています。東京と比べると認知度はまだ低いですが、「知ってるで~!」という声もたくさんいただくので、自分たちが関西エリアに「ドクターズ・ファイル」を浸透させている! と実感しますし、地域医療にかける想いはどのエリアの先生も同じなんだなと感じています。また、マネジャーとして新卒や2年目以降のディレクターの育成も担当しています。

3.これまでのギミックの仕事で忘れられない思い出を教えてください。

「私はこのグループで最優秀グループ賞であるMVGを獲る!」と当時の上長やメンバーの前で宣言して、本当にMVGを受賞したことです。皆「いいね! 獲ろう」と賛同してくれたのですが、宣言した以上、私がいちばん行動しないといけないと思ってがむしゃらに動きました。みんなで1つの目標に向かって、声をかけあいながら仕事をした時間は、今の私の糧になっています。

4.この仕事のやりがいを教えてください。

自分の仕事が世の中の役に立っていると実感できるところです。担当した先生から、「いい企画を提案してくれてありがとう」と喜ばれたり、患者さんから「ドクターズ・ファイルのおかげでいい先生に巡り合えました」という声を聞いたりすると、頑張ってよかったなとうれしくなります。ちょっと元気を出したいときは、書店に行って陳列されている「頼れるドクター」を見て、気持ちを高めています(笑)。

5.仕事を通じてどのような成長がありましたか?

人に頼ることの大切さを覚えました(笑)。もともと、何でも「自分で解決しなきゃ」と抱え込んでしまう性格なのですが、仕事は自分1人の力ではできません。責任が大きくなればなおさら。同期や先輩、上司に相談して力を借りたり、後輩に任せてみたり、うまく周りの力を借りながら、一緒に物事を成し遂げることの大切さや面白さは、日々の仕事で感じています。

6.職場の雰囲気を教えてください。

仲間意識が強いですね。皆が同じ方向を向いて仕事に取り組んでいると思います。課やグループを超えて仕事の相談をしたり、取材依頼や受注が決まったら皆で喜んだり、和気あいあいとしています。たまに盛り上がって、うるさくなりすぎることもありますが…(笑)。

7.どんな人と一緒に働きたいですか?

「物事を前向きに捉え、チャレンジできる人」です。どんな仕事もそうですが、うれしいこともあれば大変なこともたくさんあります。「ドクターズ・ファイル」の事業もさまざまな壁にぶつかっては乗り越えて成長を続けてきていると感じています。「ピンチはチャンス」という言葉がありますが、前向きに挑戦できる人と一緒に、世の中になくてはならない事業をつくっていきたいと思います。

8.今後の抱負を教えてください。

今は、2018年秋から取材を始めた神戸エリアに早く「ドクターズ・ファイル」を普及させること、そして「頼れるドクター神戸版」の創刊に携わることが目標です。ゆくゆくは、私の家族や友達から「ギミックで働けていいなあ」とうらやましがられるような会社にしていきたいと思っています。

一覧に戻る