メンバー紹介

小林 巧 TAKUMI KOBAYASHI 東日本事業部 BOOK営業部
ディレクター
2018年入社

1.ギミックに入社を決めた理由を教えてください。

社会に必要な仕事だと思ったからです。高齢化が進み、病院がパンク寸前であるという社会問題がある中で、「ドクターズ・ファイル」や「頼れるドクター」が地域のクリニックを紹介することでこの問題を改善できるということを知った時に、「この事業はもっと進めるべきだ! 自分はこの会社で働きたい!」と思いました。

2.現在の仕事内容は?

医療情報マガジン「頼れるドクター」の営業です。すでに「ドクターズ・ファイル」をご利用されている先生方を訪問し、紙媒体ならではの「インターネットに慣れていない方々にも情報を届けられる」「かかりつけ医を事前に見つけておく大切さを伝えることができる」などの強みを伝えて、掲載を提案しています。掲載が決まった先生方には新たに取材をし、先方や編集部と打ち合わせをしながらどのようにクリニックの魅力を発信するかを考えています。

3.これまでのギミックの仕事で忘れられない思い出を教えてください。

「あなたが担当で良かった」とお客様に言っていただけたことです。地域の患者さんのためにさまざまな取り組みをしているクリニックの魅力を限られた文字数で伝えることは大変な仕事です。お客様や編集部と何度も打ち合わせをしながらやっとできあがった記事を気に入っていただけて、この言葉を頂いたときの達成感は、忘れることができません。

4.この仕事の大変な部分はなんですか?

同じ商品の説明でもお客様によって適切な言葉の選び方や伝え方が異なることです。
お客様によって商品に求めるものは違うので、毎度求めるものを考察し、
商談の中で確かめていく必要があります。
よって、同じ答えはなく、お客様に合わせて何が一番良い提案なのかを考え続ける必要があります。大変な部分ではありますが、お客様のために考えた提案がフィットしたとき、非常に達成感を感じます。

5.仕事を通じてどのような成長がありましたか?

自分の計画力を身につけることができました。学生時代は「なんとなくやる気が湧かない」「今はやる気があるから頑張ろう」等、その時の気分で動いていましたが、仕事をしていく中で、目標を達成するためにいつまでに何をしていく必要があるのかと考える機会が増え、次第に自分の行動量をコントロールできるようになりました。

6.職場の雰囲気を教えてください。

とにかくおしゃべりな職場です(笑)。オフィスで誰か一人の先輩に相談をすれば、他の先輩方もその相談に参加してくれますし、仕事以外の話題でも盛り上がってしまうことが多々あります(笑)。しかし、仕事に対しては熱い人たちの集まりで、複数ある会議室はいつも埋まっており、常に熱い仕事の相談が行われています!

7.どんな人と一緒に働きたいですか?

人や物を好きになれる人です。
人の心を動かすのは熱意だと思います。そして、熱意は商品やお客様、そして仲間を好きだという気持ちから生まれるのだと思います。
実際に私は仲間が持つ自分とは違う商品の魅力の感じ方に刺激されることや、自分の好きな仲間たちが頑張る姿を見て自分も頑張れるということが何度もありました。だから、私は何かを好きになれる、そしてそれを伝えることができる人と一緒に働きたいです。

8.今後の抱負を教えてください。

できないことをなくしていきたいです。営業の中で「こんなスキルが自分にあればうまくいった」「こんな企画があれば営業は成功した」と思わされる機会は非常に多いので、自分の実力をつけることはもちろん、お客様からの声を拾い上げて商品をより優れたものにしていきたいです。そのためには一つ一つの案件に全力で取り組み、お客様のニーズを根こそぎ拾い上げていきます!

一覧に戻る