メンバー紹介

大石 真由佳 MAYUKA OISHI 事業企画本部
コミュニケーション企画課
企画 課長
2015年入社

1.ギミックに入社を決めた理由を教えてください。

会社を大きくしていく楽しさを味わえると思ったから。もともとは社員数がかなり多い企業の営業アシスタントとして働いていたのですが、もっと自分が主体者となってビジネスを動かしていきたい、という想いがあり転職を決意しました。ギミックは社員の方の話を聞いていて挑戦の場が多くあることや、今後伸びしろのある「医療」というマーケットにおいて新しい取り組みをやっていることに面白さを感じ、「この会社であれば人生退屈せずに過ごせそうだな」と確信を持てたので入社を決めました(笑)。

2.現在の仕事内容は?

入社後1年間は新規のお客様へのご提案、その後1年半は既存のお客様に再提案を行う営業を経験しました。その後1年間をかけて新ミッションでもあった既にお取引のあるお客様に、より価値を感じていただくための営業を専任で担当し、その経験を生かして現在は、既存のお客様のフォローアップを務める部署の運営、WEBの商品企画を担当しています。具体的には、フォロー専門部署のメンバーの育成や、よりお客様に満足していただけるような仕組みづくり、ドクターが「ドクターズ・ファイル」をより有効的に活用できるようにフォローアップするためのツールの起案などを行っています。立ち上げたばかりの組織なので大変な部分もありますが、今までにないものを生み出せる楽しみもあるので毎日が刺激的です。

3.これまでのギミックの仕事で忘れられない思い出を教えてください。

営業においても企画においても、どの仕事も忘れられない思い出ですが、立ち上げから携わったサービス、医療系求人情報サイト「ドクターズ・ファイル ジョブズ」をリリースした瞬間は今でも忘れられません。入社以来ずっと営業畑だったので、商品企画については手さぐりな部分も多く、たくさんの人を巻き込んで仕事をしていくことの難しさを痛感しました。そんな中、無事形になり世の中にリリースできた時は、今までにはない達成感を感じ、非常に感慨深かったです。

4.この仕事の大変な部分はなんですか?

やりがいの裏返しですが、今までなかったものを形にしていくこと、です。決まっていないことも多く、「今まではこうだったけど」という概念を覆していくことが求められるので、0から1を生み出す苦しさはやはりありますね。

5.仕事を通じてどのような成長がありましたか?

多くの人を巻き込みながら物事を進めることができるようになりました。入社した当時はどうしても自分一人の力で物事を進めがちなところもありましたが、それでは限界があるな、と感じた時がありました。「もっとこんなこともしたい!」という欲が出てくる中で、社内だけでなく社外の方も含め、多くの人を巻き込んで仕事を進めていくようになり、自分1人では実現できなかったことも形にしていけるようになったと感じます。

6.職場の雰囲気を教えてください。

良くも悪くも、とにかくにぎやかです(笑)。属していた営業フロアでは企画内容の相談などひっきりなしにメンバーが話しており、手元の仕事がなかなか進まないなんてことも…。先輩後輩関係なく、何でも相談しやすい雰囲気があり、つらいことがあってもすぐに吐き出せる場所があるのがギミックらしさにつながっているのかもしれません。

7.どんな人と一緒に働きたいですか?

ポジティブな人! 考えを行動に起こせる人! 挑戦を楽しめる人! ですね。会社が急成長している分、これからどの部署においても新たなことへの「挑戦」が増えていくと思います。そんな変化を楽しめる方、大歓迎です。

8.今後の抱負を教えてください。

「ドクターズ・ファイル」を全国のドクター・ユーザーに広めることです。そのためにはドクターの声を反映しながら、商品力の向上、フォローアップ体制の強化を図り、医院経営になくてはならない会社になることをめざします!

一覧に戻る