メンバー紹介

池原 美幸 MIYUKI IKEHARA 顧客フォロー
2018年入社

1.ギミックに入社を決めた理由を教えてください。

「このメディアをもっと広めていきたい」と心から思い、入社を決意しました。事業内容を知った時に、私自身クリニック・病院選びで大変な想いをしたことがあったので、世の中に絶対必要なメディアだと感じました。また、採用面接でお会いする方が魅力的だったことや面接まで受付で待つ間も、通りがかる社員が笑顔であいさつしてくれたことも印象が良く、決め手となりました。

2.現在の仕事内容は?

既存のお客様のフォローアップをする部署に所属しています。実際にお客様のもとへ訪問し、「ドクターズ・ファイル」をより有効にご活用いただけるように、取材記事のメンテナンスや、契約プラン内で利用できる機能の活用方法などを提案します。クリニックの現状をヒアリングしながら、「この機能を活用したほうが良い」「記事のこの部分を変えた方が良い」など具体的なアドバイスや、それぞれのお客様に合わせたサポートができるよう心がけています。

3.これまでのギミックの仕事で忘れられない思い出を教えてください。

取材記事のアップデートのために再取材を行ったお客様から、原稿公開後に「今回のやりとりはテンポ、密度、内容、ストレスなく丁寧にやっていただき感謝しています」と言われたことです。もともとは特に取材記事を変える気持ちがなかったお客様だったのですが、私が提案したことによってお引き受けくださり、最後に先のお言葉を頂きました。怖がらずに「こうしたほうが良い」という気持ちを伝え、最終的にご満足いただけたのでとてもうれしかったです。この言葉がきっかけで、自分の行動に自信を持つことができました。

4.この仕事のやりがいを教えてください。

相手に「気づき」を与えられることです。あまりアフターフォローの必要性は感じていなかったというお客様が、「自分だと気づかないことをこんなに話してくれるのなら、これからもこういったサポートをしてほしい」と言ってくださった時もあり、フォローを必要としてくれたときは特にやりがいを感じます。

5.この仕事の大変な部分はなんですか?

アポイントを取ることから取材記事を公開するまで、基本的にはすべて一人で対応するので、タスク管理が大変です。予定表には細かくスケジュールを入れていますが、グループ内でも原稿の進捗管理表を共有したり、漏れがないように努めています。グループ内でアポイントや対応中の内容を頻繁に報告し合っているので、自分が不在のときも代わりに対応してくれることもあり、非常に助かっています(笑)。

6.仕事を通じてどのような成長がありましたか?

より主体性を持って仕事ができるようになったと思います。所属部署は、私が入社した時に立ち上がったばかりだったため、まだナレッジも少なくどう進めていけば良いのか手探りの状態でした。メンバーと試行錯誤しながらの日々だったので、自然と主体性が身につきましたね。あと、さまざまな診療科のドクターとお会いするので、治療法やはやりの病のことなど詳しくなり、「予防」への意識が高くなりました(笑)。

7.どんな人と一緒 に働きたいですか?

前向きな人。自分の意思を持って仕事ができる人。「こうしたほうが良い」と考えて行動に移せる人はすてきだなと思いますし、刺激になります。ギミックのメディアのことが好きで、楽しく仕事ができる人と一緒に働きたいですね。

8.今後の抱負を教えてください。

お会いしたドクター全員に「『ドクターズ・ファイル』はこんなことまでやってくれるんだ」と感動してもらえるよう、また、「『ドクターズ・ファイル』をやっていて良かった」と再認識してもらえるよう、フォローの質を向上していきたいです。そして、得たナレッジを自分の中だけにとどめるのではなく、周りに共有していけたらと思っています。

一覧に戻る